割り箸ダイエット

割っていない割りばしを2組用意します。
その割り箸を、口を「イーッ」と開けた時の口の両側の奥歯ではさみます。
文字だけではわかりにくいですが、ちょうど鬼のキバみたいになります。鬼のキバは上か下に向かってはえていますが、この場合割り箸は自分の顔の前に突き出ます。
最初は割り箸を横にしてかみ、上手になったら割り箸の幅の広いほうを縦にしてかみます。割り箸が動かずにうまくはさむには、顔の筋肉を使います。このまま、「あー」とか「いー」とか声を出します。口がイーの形になっているので、「あー」と言っても「いー」になりますが。
これは顔がひきしまって小顔になるらしいです。あんまりやると顔が痛くなります。
顔の筋肉にはよさそうなので、新しい割り箸2本が手に入ったときはたまにやっています。これをやっている時は、けっこうマヌケです。
いくら割り箸があるからといって、食堂や料亭ではやらない方がいいと思います。


驪ホーム